<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 20170611-21 | main | 20170705−0710 >>
20170622-0704

20170622

『ファインディングニモ』、および『ファインディングドリー』を観まくる。

可愛らしいおサカナさんのキャラクターたちの一生懸命サバイブしまくる姿に思わず鬼の目にも光るものが…

 

20170623

ゾンビ映画を見まくる。

 

20170624

『鎌倉ものがたり』を読みまくる。

人類は今後これ以上の漫画作品を生み出せるのか…といった感じ。

 

20170625

ドジョウを食べまくる。

自転車を解体するなど。

 

20170627

岡崎さんと飲みに行く。

ホヤを食べまくる。

 

20170701

『ゴルゴ13』を読みまくる。

 

20170702

打ち合わせに新宿に行く。

約束まで時間を潰すために、どっかに腰かけたいかも〜と思って徘徊。

新宿ディスクユニオンの前に、ひとかかえくらいの大きさのオブジェ?モニュメント?みたいななんかよくわかんない立方体の石が、花壇と交互に配置してある。

この日自分は、その中にひとつだけ、自分のケツにぴったりフィットする石を見つける。

石は切り出して簡単に形を整えたように表面がごつごつしていて、そのまま腰かけると石のごつごつしたカドがケツの骨にあたってごつごつしてちょっと痛いっていうかウザいので、ごつごつするケツをむずむずうごめかして最適解を探る…、すると瞬間的にパズルが解けたようにケツと石がぴったりと収まるポイントを発見、まるでケツと石が互いに吸い付くような、硬いような柔らかいような、不思議な感覚。

懐かしいような新しいような、泣いているような笑っているような、怒っているような眩しいだけのような、水滴に宇宙が開闢するような、戦場に人知れず花が咲くような、空や海が青いような、そんなケツのおさまり…

15分程度そこに腰かけてたたずみをキメたのち、待ち合わせの時間が来たために自分は立ち上がった。

ケツと石は互いに別れを惜しむようにわずかな抵抗をしめしたが、すぐにまたいつものケツと石に戻っていた。

すましたようなケツと石。

いつかまた、今度はただのケツと石として再会することを夢見て…

 

20170704

ギターを弾きまくる。

 

*****

今週末は山形酒田、横浜とライブをやる予定です。

 

酒田ははじめて伺います。

非常に楽しみにしています。

山形といえばDO IT!ですが、実は我々は出演したことがありません。

コーノさんはマヒルノで、メルドーはお客として遊びに行っていたようです。

私は山形の皆さんは初対面です。

お会いできるのを心から楽しみにしています。

 

横浜は私の地元ですが、実はあんまりライブをやる機会がない場所なので、こちらも非常に楽しみです。

マスドレのオグちゃんも横浜出身、一緒にバキバキになって楽しんでやろうと思っております。

気取って写真を撮ろうじゃないか。

 

皆様、宜しくお願い致します。