<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
20170712−0722

20170712

練習。

 

20170714

名古屋ロックンロールでライブ。

呂布カルマ氏の凍りつくようにシビアなラップに痺れた。

 

20170715

大阪十三ファンダンゴでライブ。

GEZAN、KING BROTHERSとスリーマン。

地獄のように最高でした。

ありがとうございました。

 

20170716

東京へ帰りの車内で、自分は一人、考えていた。

 

竹林に分け入りたい。

ここ数日、猛烈に竹林に分け入りたい衝動におそわれている。

何故かはわからない。竹林に分け入りたい。

子供の頃、田舎に住んでいた為よく竹林に分け入って遊んだ。

その頃のことを思い出したのだろうか、いま猛烈に、竹林に分け入りたい。

 

竹林はその破滅的な繁殖力で竹以外の植物を駆逐する。

地下茎を張り巡らし、一面にテリトリーを広げる。

その為竹林は、多くの場合、竹のみで構成されている。

竹林は静かで、仄かに明るい。

何時間もそこに座って、竹林を吹き抜ける風が竹の葉を揺らすざざざという音を聴いて過ごしていたい。

そこから、竹林の中から、竹林を透かして竹林の外を眺めたい。

竹林に分け入りたい。

 

竹は、しなやかで固い反面、繊維が同方向に走っている為に加工しやすい。

仮に、無人島に何か一つだけ持っていけるとしたら、自分は竹林を持っていくだろう。

両端に節を残して切れば湯呑みや水筒にもなるし、食器にもなる。

長く切ったものを縦に割って節を取れば雨どいになるし、流しそうめんも出来る。

釣りがしたい時は釣竿になる。

誰かをわけもなくしばきたい時は竹刀になる。

大切な衣類はエマールで洗って竹竿に干すことができる。

おまけに竹にはリラクゼーション効果というかヒーリング効果というか、よくわからんがとにかくそういうのがあるらしい。

しかも、タケノコは食えるし、桃屋の穂先メンマ「やわらぎ」も作れる。

足で踏めば健康になる。

なんだか出来過ぎな話にも思える。

もしかしらん竹林は、我々人類よりも高次な存在、例えば宇宙人とか未来人とかが我々にもたらした便利ツール的なやつなのではないだろうか、というような気さえしてくる。

竹林そのものが、宇宙を旅する船のようにも思えてくる。

 

なぜ我々はこれほどまでに竹林に魅せられるのか。

その答えは「竹林」という言葉の持つ響きにある。

言わずもがなだが、「ちく」は当然「乳首」をあらわし、「りん」は「輪」をあらわしている。

そう、「乳輪」である。

我々少年にとって、乳輪は倫理のボーダーラインに他ならない。

どれほど際どい表現であっても、乳輪が映っていなければそれは倫理の埒内にあり、餓鬼のおもちゃのような内容でも、乳輪が映ってしまえばもうアウトなのである。

つまり乳輪とは、彼岸と此岸、我方(アバン)と他方(タバン)の境界なのである。

故に、すべての少年は竹林を目指す。

竹林を通して、アザーサイドにアクセスするために…

 

東京には竹林が無い。

あるかもしらんが、見たことがない。

竹林の情報をお持ちの方は、是非ご連絡下さい。

 

ああ、竹林に分け入りてえ〜。

 

20170717

釣りに行く。

海でソーセージを焼いて食べる。

 

20170719

新宿ピカデリーでブルース・リー『怒りの鉄拳』を観る。

ブルース・リーの映画を見ると、カラダのキレが3割くらい増す気がする。

キレにキレたわたくしはそのまま飲み屋に闖入しチューハイのようなものを痛飲、バールのようなもので殴られたようにベランベランの状態になって俺はもうだめだ、もう破滅した、帰ろう、と思って駅に向かう途中、ゲームセンターのような店の軒先で、透明のアクリル樹脂の箱の中からわたくしを凝視しているピンク色の丸くて愛らしい生き物と目が合った。

その丸い生物は顔面から直接手足が生えており、目をきらきらと輝かせてあんぐりと口を開け、まるで何かを吸い込もうとしているかのようにも見えたのです…

 

 

20170720

朝起きると、リビングにわけのわからないピンク色のぬいぐるみがあった。

心の底からいらねえと感じ、夜、バンドの練習の時に高野に進呈した。

ギターを弾きまくる。

 

20170721

新宿Ksシネマにて籔下雷太監督特集上映。

青春のピリピリした痛みとキマりにキマった絵の威力。

我々のMVもスクリーンで上映して頂き、ありがとうございました。

 

20170722

機材、自転車の修理など。

夕方、通りがかりの縁日で思いがけずウエストランドさんの漫才が見れた。

面白かった。

20170705−0710

20170705

バリバリになってギターを弾く。

テッド・チャン『あなたの人生の物語』

 

20170706

自転車を組み立てるなど。

 

20170707

親の仇のようにソーメンを食べる。

 

20170708

山形酒田でGIG。

早朝新宿集合、東北道から山形道を経て庄内平野。

庄内平野はマジででかい。

正直に言うと、馬場のBIGBOXよりでかい。

初夏の光線を水田の緑が反射しまくってヤバく眩しい。

自分は、夏の庄内平野の素晴らしさについては本上まなみさんのエッセイで読んでいた為、ある程度は事情通のつもりでおったわけなんですけれど、その認識の甘さを恥じるほどの庄内のでかさ、ヤバさ、夏っぽさが、いつか死んだら庄内のような天国に行きたいような、行きたくないような、ていうか全然死にたくないような、そんな気分に私をさせたんです。

ドゥワチャライクは主催もバンドもお客さんも、フードもよくわかんない楽器屋さんも、みんな死ぬほどグルーヴしていた。

我々も、した。

最高でした。

また会いましょう。

 

20170709

夜通し走って東京に戻り、港町YOKOHAMAへ。

首都高から横浜方面へ、ビルと東京湾が光線を弾きまくって車内に夏の感じが充満。

眼球の裏が赤く、ずきずきして、痛い。

その夏っぽい気分のまま、GIG。

マスドレ、HINTO先輩がうねりまくって、我々も、した。

最高でした。

また横浜でやりたい。

 

20170710

『ブレードランナー』爆音上映。

最高でした。

 

*****

今週末は7/14名古屋、7/15大阪でライブをやります。

名古屋では呂布カルマさん、大阪ではKING BROTHERS、そして両日GEZANの皆さんにお世話になります。

名古屋はおなじみのCLUB ROCK'N'ROLL、大阪は久しぶりのFANDANGOです。

どちらもキッチリやらせて頂きます。

皆様、宜しくお願い致します。

 

20170622-0704

20170622

『ファインディングニモ』、および『ファインディングドリー』を観まくる。

可愛らしいおサカナさんのキャラクターたちの一生懸命サバイブしまくる姿に思わず鬼の目にも光るものが…

 

20170623

ゾンビ映画を見まくる。

 

20170624

『鎌倉ものがたり』を読みまくる。

人類は今後これ以上の漫画作品を生み出せるのか…といった感じ。

 

20170625

ドジョウを食べまくる。

自転車を解体するなど。

 

20170627

岡崎さんと飲みに行く。

ホヤを食べまくる。

 

20170701

『ゴルゴ13』を読みまくる。

 

20170702

打ち合わせに新宿に行く。

約束まで時間を潰すために、どっかに腰かけたいかも〜と思って徘徊。

新宿ディスクユニオンの前に、ひとかかえくらいの大きさのオブジェ?モニュメント?みたいななんかよくわかんない立方体の石が、花壇と交互に配置してある。

この日自分は、その中にひとつだけ、自分のケツにぴったりフィットする石を見つける。

石は切り出して簡単に形を整えたように表面がごつごつしていて、そのまま腰かけると石のごつごつしたカドがケツの骨にあたってごつごつしてちょっと痛いっていうかウザいので、ごつごつするケツをむずむずうごめかして最適解を探る…、すると瞬間的にパズルが解けたようにケツと石がぴったりと収まるポイントを発見、まるでケツと石が互いに吸い付くような、硬いような柔らかいような、不思議な感覚。

懐かしいような新しいような、泣いているような笑っているような、怒っているような眩しいだけのような、水滴に宇宙が開闢するような、戦場に人知れず花が咲くような、空や海が青いような、そんなケツのおさまり…

15分程度そこに腰かけてたたずみをキメたのち、待ち合わせの時間が来たために自分は立ち上がった。

ケツと石は互いに別れを惜しむようにわずかな抵抗をしめしたが、すぐにまたいつものケツと石に戻っていた。

すましたようなケツと石。

いつかまた、今度はただのケツと石として再会することを夢見て…

 

20170704

ギターを弾きまくる。

 

*****

今週末は山形酒田、横浜とライブをやる予定です。

 

酒田ははじめて伺います。

非常に楽しみにしています。

山形といえばDO IT!ですが、実は我々は出演したことがありません。

コーノさんはマヒルノで、メルドーはお客として遊びに行っていたようです。

私は山形の皆さんは初対面です。

お会いできるのを心から楽しみにしています。

 

横浜は私の地元ですが、実はあんまりライブをやる機会がない場所なので、こちらも非常に楽しみです。

マスドレのオグちゃんも横浜出身、一緒にバキバキになって楽しんでやろうと思っております。

気取って写真を撮ろうじゃないか。

 

皆様、宜しくお願い致します。

20170611-21

20170611

鰻で一杯やりに行ったらヤバい奴がいた。

 

20170613

雨。

 

20170616

子連れの鴨に再会する。

 

20170618

高円寺で泡盛を飲む。

目覚めるとカップ焼きそばを抱いていた。

 

20170621

出先から戻ると、庭のトマトの苗が強風で倒れていた。

もっと支柱をしっかりと立てておけば。

猛省。

 

 

【お知らせ】映画館のスクリーンで『liquid rainbow』が!!

Movies High 17 スペシャルプログラム『籔下雷太監督特集』

ニューシネマワークショップ実習作品『わたしはアーティスト』が大絶賛され今後が期待される籔下雷太監督の短編6本を一挙上映!!!! 

 

7/21 (金)19:00〜@新宿Ksシネマ

【上映作品】

『チェリーブロッサム』(15分 ※東京月イチ映画祭上映)

『告白までたどりつけない』(15分 ※第五回武蔵野映画祭 審査員特別賞)

『わたしはアーティスト』(24分 ※SKIPシティ国際Dシネマ映画祭短編部門グランプリ/PFFアワード2015審査員特別賞)

『for you』(5分)

『liquid rainbow』(5分 SuiseiNoboAz新曲のMusic Video)

『戦場へ、インターン』(26分 ※ndjc若手映画作家育成プロジェクト2016完成作品)

 

http://www.ks-cinema.com/movie/movies-high-17/

 

各回:前売¥1,000 当日¥1,300

※前売券は日時指定となります。ご注意下さい。

★前売券はチケットぴあにて発売![7/12(水)まで]

1プログラム券Pコード:556−973

※日時指定『籔下雷太監督特集』は7/21(金) 19:00〜

 

※前売券の払い戻し、再発行はいたしません。

※各プログラムは完全入替制です。満員の場合は入場をお断りします。

20170601-10

20170601

深夜にスタジオ練習。アリトさんがカップ焼きそばを食べていた。

明け方帰りの川沿いで子連れの鴨を目撃する。

 

20170602

北浦和でライブ。北浦和には初めて行った気がする。

Wiennersとライブハウスで対バンするのはいつぶりだろう。

彼らとは以前一緒にツアーを回ったことがある。

久しぶりのavengers in sci-fi、DJとして参加して下さった松本誠治さん、

来てくれた皆さん、ありがとうございました。

帰りにカップ焼きそばを買って食べた。

 

20170603

PIKA MV公開。

是非皆さんに聴いて頂きたい。

 

 

20170604

江ノ島に行ってはまぐりを食べる。

 

20170605

豪雨。雪見鍋を食べる。

 

20170606

タコスを食べる。

 

20170609

スタジオに行ったらヤバい奴がいて、カップ焼きそばをくれた。